ハードディスクが壊れた場合でもこれさえ知っておけば安心

作業前に何をすべきか

ミニチュア

申込の際に伝えておきたい事も知ろう

企業や組織の大小問わず、業務上で取得した各種データを活用せずには、企業活動等が難しい世の中になってきました。そんな世の中で、各種重要データを保存しているPCの破損等で、データの消失等で閲覧出来なくなると大変な事になってしまいます。そんな際にはデータ復旧業者に依頼して復旧作業をしてもらう必要があります。そして、その復旧の確立を高めるには、社内等で準備しておきたい事等がある事を理解しましょう。まず、極力復旧してもらうPCを触らないようにしてください。別にやらなければならない事があるといって、そのPCで作業をすると元のデータの痕跡が消えてしまいます。また、インターネットと接続しても、復旧を成功させる確率を下げる可能性も出てきます。次に用意しておきたいのが、データを移し替える新たなPCを用意するという事です。破損した場合は新たなPCを用意しますが、そうでない場合はそのPCでそのまま保管するという企業等もあります。そうした事は再度の不具合を招く要因ともなるので、そういう確率を下げる準備をしましょう。さらに、復旧作業中に通信が不安定にならないよう、安定した通信環境も改めて確認しておく必要があります。そして実際の申込に移りますが、その際にはまずデータ復旧が必要になった経緯を伝えられるようにしましょう。どんな作業をいつ行っている時に不具合を起こしたか、その際のエラーコード等は何か等という事を出来るだけ伝えると、作業がしやすくなります。それ以外にも、復旧して欲しいデータの種類やPCの機種、通信環境等も詳細に伝えて復旧に臨んでもらいましょう。