ハードディスクが壊れた場合でもこれさえ知っておけば安心

基礎的な知識

ハードディスク

論理障害と物理障害の2種類がある

パソコンなどのハードディスクで発生する障害には、「論理障害」と「物理障害」という主に2種類があり、その原因や深刻度、対処法も変わってきます。そのためハードディスクの障害でデータ復旧が必要な場合は、障害の種類や違いについてよく知っておく必要があるでしょう。まず「論理障害」とは、ハードディスクという機器そのものに問題があるわけではなく、データ上で不具合が発生している状態を意味します。その原因は、ファイルなどを誤って削除してしまった場合や、停電などで電源が急に落ちてしまった場合などがあると言えるでしょう。こうした論理障害は、そこまで深刻でないケースも多いので、市販されている復元ソフトを使って復旧することができる場合もあります。ただし、誤った対処をするとデータが上書きされるなどして症状が悪化することもあるので、確実にデータを取り出したい場合は復旧の専門業者に依頼したほうが安全です。次に「物理障害」とは、機器そのものが落下や水没などによってダメージを受けたり、経年劣化したりといった物理的な原因で起こる障害を意味します。この物理障害は、先ほどの論理障害よりも重症ですし、復元ソフトを使うこともできないので、専門業者に依頼する必要があるでしょう。また、物理障害が発生している状態で電源を入れると、症状が悪化してデータ復旧ができなくなることもあるため、無理に対処しようとせず、すみやかに専門業者へ依頼することが必要です。