ハードディスクが壊れた場合でもこれさえ知っておけば安心

パソコン修理

ファイルレスキュー

データを取り戻してくれる業者はクリーンルームを利用して、復旧作業を行っています。そのためトラブルなく作業を行ってくれるので安心です。また業者を利用するときはリストの提示をしてくれるところを使いましょう。

修理依頼の注意点

ハードディスク

確実に情報を回収するための注意点

ハードディスクが壊れてしまった時でも、中に保存されているデータを復旧してくれるサービスを利用すると取り戻すことができるのでとても便利です。しかし利用する際には、いくつかの点に注意しなくてはなりません。この注意を怠ってしまうと、せっかく取り戻すことができるはずのデータを復旧できない羽目に陥りかねないので気をつけるようにしてください。まず、ハードディスクが壊れたと感じた時には、それ以降余計な操作を行わないようにすることです。パソコンの中で壊れると、大抵は異音がします。通常とは異なる音なので気づきやすく、その場合にはさっぱり諦めるようにして、再起動などは試さないようにしてください。次にパソコンからハードディスクを取り出す際の注意点です。ハードディスクは精密部品で作られており、静電気に非常に弱い構造をしています。私たちの体には静電気が帯電していることが多く、特に冬場の空気が乾燥した時期にはかなりの量が溜まっています。そうした状態でハードディスクを取り出そうとすると、私たちの体から流れる静電気によって内部が破損しかねません。それによりデータが復旧できなくなる事態を防ぐためにも、ドアノブなどの金属でできたものに一旦触れて、静電気を逃がしてから作業に取り掛かるようにしてください。取り出した後はデータの復旧会社へ送付すれば良いのですが、ここでも知っておくべきことがあります。ハードディスクは衝撃に弱いため、搬送時に破損しないように周囲をクッション状のもので包んで梱包するのが効果的です。またこわれもの注意などと記しておくと、配送中の事故を防ぐことができます。

ミニチュア

作業前に何をすべきか

ここでは、企業や組織がデータ復旧を依頼する際にしておきたい準備や申込の際に伝えておきたい事項等について書いてきました。データ復旧の成功確率を高めるような準備や、業者が作業しやすい環境づくりの大切さ等について書いています。
PC操作

取り戻す手段がある

どのようなことをしても取り戻したいデジタルデータがあるのなら、復旧業者への依頼で願いを叶えられるかもしれません。復旧リストを事前に作成してくれるところならば、本当に取り戻せるか分かったうえで仕事を頼めます。
女性

きちんと元通り

パソコンの中に保存されているデータがなくなっていることに気がついたのなら、データの復旧サービスの出番です。24時間受け付け中の復旧サービスなら、すぐにデータを以前のように使える状態に戻すべく行動を起こしてくれます。
ハードディスク

基礎的な知識

「論理障害」とは、データ上で不具合が発生する障害であり、比較的軽症なので復元ソフトで解決できる場合もあります。しかし「物理障害」は、破損や経年劣化による障害で復元ソフトも使えないため、データ復旧の専門業者へ依頼することが必要です。